展示会装飾施工業者への依頼|新規顧客等の獲得

スーツの男性

展示ブースの配色について

内観

BtoBにおける展示会にブースを出展する際には、他企業の出展しているブースよりも目立ったブースにすることによって高い集客効果を得られることができます。高い集客効果を得ることによって企業の名前や製品、ブランドの知名度向上や営業案件や新規顧客の獲得も実現するでしょう。
展示会装飾施工業者に依頼して自社のブースをより目立ったものにするためには、施工業者とのプランニングの段階で配色決定が重要になります。配色の決定というのはブースの基調となるカラーや装飾に使用するカラーを決めることで、このカラーによって集客効果の違いがうまれるのです。展示会場内で遠くから見ても目立って見えるカラーというのは赤やオレンジ、黄色といった暖色系のカラーです。こういった色は人の五感を刺激し、注意を惹くことのできる色で基調として選ぶことで集客効果を選ぶことができます。また、ブースに設置する看板等の装飾でキャッチコピー等を掲載する1番大きな看板にも暖色系のカラーを使用するといいでしょう。そうすることで多くの来場者がそのキャッチコピーを見ることになります。この際、掲載するキャッチコピーは来場者が共感できる内容のものにすることでより高い集客効果を得ることができます。そういったメインとなる箇所には暖色系のカラーを使用し、その他の細かい装飾に関しては暖色系の相対色である寒色にすることで暖色系の色がより際立ったものとなります。その結果として、効果を十二分に発揮することができるはずです。施工業者とのプランニングの際にはこういった配色知識を持って考えることが展示会での高い集客効果のあるブースの実現へ繋がるのです。施工業者の中にはこういったアドバイス等を行なってくれる業者もいるので、しっかりと聞くようにしましょう。